新国立劇場Webボックスオフィス

新国立劇場オペラ「ルチア」

ベルカント・オペラの最高傑作を待望の新制作で上演。

悲しみは「狂乱の場」で頂点に。引き裂かれた愛の悲劇。
ドニゼッティ作曲によるベルカント・オペラの最高傑作『ルチア』を待望の新制作で上演します。兄エンリーコに恋人エドガルドとの仲を引き裂かれたルチアの悲劇。ドラマのハイライトであり最大の聴きどころは、絶望のあまり狂気に陥ったルチアが歌う「狂乱の場」です。今回はオリジナル通りのグラスハーモニカで演奏する予定です。演出を手掛けるのはモンテカルロ歌劇場総監督のジャン=ルイ・グリンダ。作品に忠実でありながら機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語をどのように描き出すか注目です。

欧米で大活躍の若手スター歌手、ペレチャッコ出演!
タイトルロールは、スター街道を駆け上がっているロシアの名花オルガ・ペレチャッコ。「ベルカントの新女王」と評されるペレチャッコが美声と高度な歌唱技術を駆使して歌う「狂乱の場」は大きな話題となることでしょう。エドガルド役は、同役をベルリン、チューリヒなどで歌っているスペイン人テノールのイスマエル・ジョルディ、エンリーコ役は、世界の一流歌劇場で目覚ましい活躍をしている注目のバリトン、アルトゥール・ルチンスキーです。指揮はイタリアオペラに定評のあるジャンパオロ・ビザンティ。豪華布陣による『ルチア』で、ベルカント・オペラの醍醐味をどうぞご堪能ください。

■スタッフ
【指揮】ジャンパオロ・ビザンティ
【演出】ジャン=ルイ・グリンダ

■キャスト
【ルチア】オルガ・ペレチャッコ
【エドガルド】イスマエル・ジョルディ
【エンリーコ】アルトゥール・ルチンスキー
【ライモンド】妻屋秀和
【アルトゥーロ】小原啓楼
【アリーサ】小林由佳
【ノルマンノ】菅野 敦

【合唱指揮】三澤洋史
【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
続きを見る閉じる

ジャンパオロ・ビザンティ

ジャンパオロ・ビザンティ

  • 公演期間
    2017/3/14(火) ~ 2017/3/26(日)
  • 会場
    新国立劇場 オペラパレス (東京都)
  • 出演者など
    [指揮]ジャンパオロ・ビザンティ [演出]ジャン=ルイ・グリンダ [独奏・独唱]オルガ・ペレチャッコ(S) / イスマエル・ジョルディ(T) / アルトゥール・ルチンスキー(Br) / 他 [演奏]東京フィルハーモニー交響楽団 [合唱]新国立劇場合唱団
  • 注意事項
    未就学児童は入場不可。ジュニアチケットは入場時年齢確認あり。各種割引に関する詳細は問合せ先まで。
  • 公演などに関する
    問い合わせ先
    新国立劇場ボックスオフィス:03-5352-9999


チケット発売情報

発売情報をチェックリストに登録